2019年6月21日

採用試験を突破するテクニックを教えてもらえます

転職エージェントの待遇
転職エージェントに登録して転職活動を行うと、担当のコンサルタントから、採用試験をくぐり抜けて採用内定を得られるまでのテクニックを教えてもらうことができます。

第一段階としては、書類選考です。最初に担当コンサルタントと面談し、履歴書と職務経歴書を提出するのですが、この際、この2つの書面について指摘を受けます。

具体的には「自己PRについては、完結明瞭にアピールしたいことだけを、せいぜい2行で書いたほうが良い」と指摘してくれます。また、職務経歴書については、「自分の職務実績についてアピールポイントに絞って完結明瞭に書いたほうが良い」とアドバイスしてくれます。

また、転職希望者がIT開発者であれば、「開発プロジェクトを統括して成功させたのであれば、どのような点に注意して成功させたのかや、どの程度の売上金額のプロジェクトであったのかや、何人の社員を配下に置いたプロジェクトであったのかを書いたほうがいい」とアドバイスしてくれます。

コンサルタントは、先方の人事部や採用する部署の責任者が「担当したプロジェクトの規模感を重視する」ことなども教えてくれます。さらに「企業側は、人間を上手に統括して、売上を作ってくれる人材を欲しがっているのだ」ということまで指摘してくれます。

そのうえで、書類選考を通過して採用面接段階に進むと、今度は担当コンサルタントは事前に模擬面談を実施してくれます。

コンサルタントが面接官に扮して、主に自己紹介や質疑応答の予行練習をするのです。そして、コンサルタントがそのときの応募者の様子をチェックし、ひとつひとつ指摘をしてくれます。

具体的には「面接官から質問されたときには、相手の目を見て堂々と答えてください」とか「質問に答えるときは、大きな声ではっきりと答えてください」とアドバイスしてくれます。

さらに、その理由も教えてくれます。それは「相手の目を見ない応募者は、自分の力量に自信を持っていないと判断する」とか、「声の小さい応募者は、周囲の社員を巻き込んで大きな仕事をこなすことはできないと判断する」などといった的確な内容です。

このため、最終的には採用試験テクニックを身に着けることになり、無事に応募した企業から採用内定を得られることになります。

転職したい人が選ぶ転職サイト&転職エージェントおすすめ5社厳選比較